圧縮バット問題「カナダの監督が日本の圧縮バット使用疑惑を最初に持ち出した。」韓国

野球:圧縮バット疑惑提起がマイナスに=18U世界選手権 
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/09/07/2012090700488.html 

(元記事は削除済み)

 

 圧縮バット問題は今月4日、韓国代表を率いる李正勲(イ・ジョンフン)監督が公の席で発言したことで表面化した。日本との試合を2日後に控え、李監督は「今大会で日本の打撃を見ると、球を打つときの音が非常に高く、詰まった当たりでも 打球が遠くに飛ぶ。これは圧縮バットを使っているからではないか。6日の試合前にはっきりさせるよう求めたい」と語った。

 反響は大きかった。日本高等学校野球連盟の関係者は「圧縮バットなど使っていない。バットを全て検査すればよい」と露骨に不快感を示し、国際野球連盟(IBAF)も「確認の結果、日本が圧縮バットを使った証拠はない」と明言した。

 これらの反応を受けて、李監督は6日に発言のトーンをやや変えた。 李監督は日本との試合直前「カナダの監督が日本の圧縮バット使用疑惑を最初に持ち出した。大会運営委員会に不正なバットが使われた場合の制裁について尋ねたところ、ないとの回答があったため、この点に疑問を提起した」と釈明した。