日本人の戦後世代は歴史知らない=韓国外相

 韓国の金星煥外交通商相は27日、ニューヨークの国連本部で韓国記者団と会見し、島根県の竹島(韓国名・独島)や従軍慰安婦問題に触れながら、「かつての日本の政治家は、自分たちがしたことに申し訳ないとの気持ちがあったが、戦後世代はそのような(申し訳ないという)気持ちがない。これは歴史をしっかりと教えていないからだ」と語った。聯合ニュースが報じた。

 金外相は、米メディアとのインタビューで、「独島は植民地支配の最初の犠牲であり、韓国国民は(日本の)言動を第2の侵略と見なしている」と述べたことを明らかにした。

 

ソース:時事ドットコム 2012/09/28-12:40

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012092800476