「日本国民に問う。韓国人に許される機会を永遠に逃してよいのか?」

 ロシア議会は「韓国人名誉回復に関する決定」を採択し過去の過ちを反省して具体的な補償対策を用意した。議会は「1937年、在露高麗人を対象に採択した、政治的弾圧の根拠になった法規を不法と認める」として「在露高麗人の政治的名誉を回復させロシア領土内の過去永住地に自由な個人の意志により    帰還するための彼らの権利を認める」と宣言した。

 ロシアの反省後、現在まで約3万人の高麗人(韓国人)が中央アジアから(ロシア)沿海州に帰還した。

 橋下徹大阪市長が率いる‘日本維新の会’という全国政党がスタートし、ロゴに独島(ドクト、日本名:竹島)を 日本領土と表示した。橋本は「慰安婦が日本軍に暴行脅迫され引きずられて行ったという証拠はない。あるなら韓国が出したら良い」と妄言した人物だ。日本維新の会は遠からず実施される総選挙で相当な議席を占めると予想される。自民党と聨合して政権を取る可能性もある。そうなると極右の声はより一層大きくなる。

 1億2000万日本国民に訊ねる。日本が極右を前面に出して三流国のどん底に落ちるのを見ているだけなのか? それで被害者(韓国人)から許される機会を永遠に逃してしまうのか?

 

 パン・ヒョンナム論説委員

 詳細 韓国メディア 東亜日報(韓国語) [今日と明日/パン・ヒョンナム]日本、三流国家に陥るか 2012/9/15